2010年07月

2010年07月14日

バリー・シルバー先生WSレポート①(7/10)

7/10&11のバリー先生ワークショップ、無事終了しました。

mysore002

前日の豪雨に心配しながらも、ワークショップ当日は青空が広がり、初夏の日差しと爽やかな風が、とても心地よい週末となりました。

会場近辺の木々や草花は、雨の後の瑞々しさと、むせるような緑の匂いを放ち、まるで深い森の中にいるような雰囲気でした。

1日目はマイソールクラスからスタート。少人数でバリー先生の指導を受ける贅沢(!)。普段都内のマイソールクラスへ通う機会のない地元のヨギ&ヨギニはもちろん、東京で生活している方々も都会の喧騒を離れ、緑広がる自然の中でのプラクティスを楽しんでいただけたかと思います。

mysore003


マイソールクラスでの練習は、「師と徒」のつながりを密接に感じる場です。年に数回のクラスであっても、毎日のクラスであっても、ヨガのアサナというツールを介して互いに深く触れる瞬間。それは静かな沈黙の間(ま)であったり、暖かな体温であったり、見守られている安心感であったり、さまざまですが、そのかけがえのない一瞬一瞬を大切に感じる、よい機会なのかもしれません。

そしてまた、同じようにヨガを愛し楽しむ他の生徒さんたちと、共に場を共有して、優しく暖かな気持ちを持ち、互いにサポートし合う練習の場は、そこにいるだけで元気になるような空間です。指導してくださっている先生と同じくらい、この「場の力」は絶大でパワフルです。

普段の練習を深めた方も、新たなポーズを教えてもらった方も、いままでと違ったアプローチやアジャストを受けた方も、太陽礼拝の1からスタートした方も、全員がそれぞれに自分の「いま」に見合った練習を楽しまれたことと思います。

このマイソールクラスは一回こっきりでも、ご自身の練習はこの先もずっと続きます。どうぞこの日の気づきや学びが、この時だけで終わらず、これからの練習の糧となりますように。蒔かれた種を大事に育てて、いつか花や実となりますように。


 

mysore001

 

マイソールクラスの後は、30分のチャンティング&メディテーション。

まずは簡単にヨガの意義を説明し、なぜ私たちがヨガをするのか?の大意を再確認することからスタートです。

そしてチャンティング、すなわちナダヨガとは何なのか?その実践によってナディシステムにどのように影響を及ぼすのか?そもそもナディシステムとは?その概念の基となるサトルボディ(微細な肉体)とは?などについて学びました。

同時にムドラの意味と意義。それぞれの指が意味するものと、その組み合わせによるムドラの説明。普段無意識に行っているチンムドラー(人差し指と親指で円を描く)が、人差し指の意味する「エゴ」を親指の意味する「ギャーナ(知恵・ウィスダム)」で制し調和を図る、という意味があると知りました。

また瞑想そのものについて。静かにただ座る沈黙の瞑想だけではなく、チャンティングやジャパが、アサナの練習などより、どれだけインドで日常生活に根ざしているか、などのお話もありました。

その後、ヨーギ・パジャンのクンダリーニヨガで行われる、チャンティングとムドラとプラナヤマを同時に行うキルタンクリアの実践をしました。

この日のマントラはSat Nam(サット・ナム)を4文字で表す「サ・タ・ナ・マ」でした。Satはサティア、真実を意味します。Namはナマハ、名前を意味します。

「サ・タ・ナ・マ」はそれぞれの文字が、birth(誕生)・life(人生)・death(死)・rebirth(再生)を意味し、それぞれのムドラを同時に行いました。

プラナヤマでは吸ってSat・吐いてNamを自分の内側で繰り返します。目は閉じた状態ですが、意識のドリスティはブルーマディヤイ(第三の目)を保ちます。

繰り返し行うマントラの意味。連動して繰り返し行うムドラの意味。そしてなによりも実際に行うことによる、自分自身の内部の変化。マントラとムドラと呼吸法により、体内のエネルギーが整い、浄化される感覚を感じられたのではないでしょうか?

そして、なぜ私達は“これ”を行っているのか?の方向性、ひいては、ヨガの本来の目的の片鱗が、頭の知識ではなく「自身の経験」で体験できたことと思います。

最後に、このキルタン・クリアを通して、またそれにまつわる沢山のお話を通して、ヨガというものはアサナ(ポーズ)だけではなく、同じ目的地へ向かうための様々なプラクティスがあるのだということを理解しました。

 

barry001


バリー先生が毎回必ず言うことですが、ここでもう一度繰り返し書きます。

ヨガはアサナ(ポーズ)だけではありません。アサナ以外のヨガへもぜひ目を向け、広がりを持ちましょう。様々な個性があるように、様々なヨガの種類があります。ぜひご自分に合ったヨガを見つけ、実践してみてください。その経験により、あなた自身の生き方同様、あなたのアサナも深まり変化していくことでしょう。

 


・ ・・このチャンティング&メディテーション30分、うち15分は実際のキルタン・クリアの実践でしたが、これだけの内容が詰まってました。私が覚えてないことを含めたら、きっと、これ以上です。さすがバリー先生、早口でまくしたてるだけあります、いえ、引き出しの多い方です。


ご参加された皆様、ありがとうございました。
バリー先生、お疲れ様でした、ありがとうございます。




drecom_zushi_de_yoga at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月03日

2010年7月・アツローさんの夜マイソール

7月にワークショップを行うサンディエゴのアツローさんが、日本の滞在期間中に毎週(水)の夜マイソールクラスを担当することになりました。週末のワークショップには参加できない方も、ぜひこの機会にアツローさんのマイソールクラスを体験してみてください。

atsuro08




とても気さくで自然体なアツローさんは、傲慢さや威圧感、知識やポーズのひけらかしといった、著名なインストラクターにありがちな「先生ズラ」が皆無なのが、好感度大!です。親切で丁寧な等身大の指導を受けると、緊張が解けて気持ちよく練習ができます。

肩肘はらず、無理せず、だけどできる範囲の努力を楽しむアシュタンガ。常に子供の頃のキラキラとした好奇心を持って、普段はハードだ、キツイ、と感じてしまいがちな練習に、新鮮な風を送り込んでみてください。



Enjoy your practice !








【スケジュール】


7/14(水)
18:15-20:45 @交流センター2階会議室

7/21(水)
18:15-20:45@交流センター2階会議室

7/28(水)
18:15-20:45@交流センター2階会議室



【参加費】

通常チケット1回分+500円
ドロップインの場合は2000円



【注意事項】

マイソールクラスは、それぞれ自分のペースで、アシュタンガヨガのシーケンスを練習するクラスです。時間内であれば開始&終了のタイミングは自由です。

マイソールクラスでは上級者も初心者も一緒に同じ場所で練習をします。全員で一斉にみんなに合わせて練習するのではなく、各自が自分のペースで練習をする中、指導者が巡回してアジャストおよび指導をマンツーマンで行います。

ドアオープンは18:00pm
合同チャンティングは19:00pm
20:45pmまでにはシャバーサナを終えるようお願いします。



【申し込み】

人数制限がありますので、参加希望の方は事前にご連絡をお願いいたします。




atsuro09【プロフィール】
(米国ヨガスタジオのサイトから抜粋しました)
日本で生まれ育ったアツローは、20代半ばにサンディエゴへ移り住んだ後にヨガとめぐり合いました。さまざまなスタイルのヨガを練習したのちに、アシュタンガヨガと出会い、心の奥底から揺さぶられるような感動を受けることになります。

毎日のアシュタンガヨガの練習は、彼の人生にポジティブな変化を与え続け、これは身体と心と魂のすばらしい科学であると感じるようになりました。

自身のプラクティスはもちろん、ヨガを教えることも、特に生徒さん達が彼のクラスから何かを学び、それを彼等自身の練習の発展へと広げていくことに感動を覚えます。

そしてまたマットの上だけの練習ではなく、生徒さん達がヨガを深めることで、彼等の生活自体が向上していくことに、無上の喜びを感じます。

彼は2008年にティム・ミラーの下、アシュタンガヨガ・セカンドシリーズのTT(講師養成コース)を修了しています。


Born and raised in Japan, Atsuro discovered Yoga in his mid twenties after moving to San Diego. He practiced a variety of different Yoga styles until he found Ashtanga, which touched him deeply. His daily practice of Ashtanga continues to change his life in a positive way and he has come to view it as a wonderful science of the body, mind, and spirit. He finds great pleasure practicing and teaching Yoga to his students who, in turn, apply his classes and evolve their own practice. Atsuro feels that as his students' practice develops, their lives improve, which is the part of teaching that brings him the most joy.
He completed the 2nd series of Ashtanga yoga teacher training with Tim Miller in 2008.

drecom_zushi_de_yoga at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月02日

7月の通常クラススケジュール

今月は蘆花記念公園でのワークショップが目白押しのため、通常クラスが若干変更となっております。特に(日)のマイソールクラスはありませんので、バリー先生、スティーブン先生、アツローさんの特別マイソールクラスへぜひご参加ください。「逗子ヨガチケット1回分+差額」にてご参加いただけます。

【通常クラススケジュール@交流センター】

7/3(土)
09:30-11:00 ハタヨガ(ゆみこ)
19:00-20:30 リラックスヨガ(ゆみこ)

7/4(日)
09:30-11:30 アシュタンガヨガ・レッドクラス(ゆみこ)

7/10(土)
09:30-11:00 ハタヨガ(さやか)
19:00-20:30 リラックスヨガ(ゆみこ)
この日は蘆花公園でのワークショップもあります(バリー先生レッドクラス)

7/11(日)
蘆花公園でのワークショップのため通常クラスはありません

7/17(土)
蘆花公園でのワークショップのため通常クラスはありません

7/18(日)
蘆花公園でのワークショップのため通常クラスはありません

7/24(土)
09:30-11:00 【特別クラス】アシュタンガヨガ・マイソールクラス(アツロー)
19:00-20:30 リラックスヨガ(ゆみこ)

7/25(日)
蘆花公園でのワークショップのため通常クラスはありません

7/31(土)
09:30-11:00 ハタヨガ(さやか)
19:00-20:30 リラックスヨガ(ゆみこ)
この日は蘆花公園でのワークショップもあります(バリー先生レッドクラス)



drecom_zushi_de_yoga at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)