2008年02月25日

鎌倉でのワークショップ

ヨガという精神的自己成長の過程を歩み始めると

様々な気付きや学びが

自分の目の前に立ち現れてきます。


出会う人々や、関わってくる物事

目にした文章の一節、ふと手に取った1冊の本

いつもと違う横道へ足を踏み出して見る光景


・・・いろんなヒントや標識がアチコチにあることに気づき始めます。


これまでの人生で必要であった鎧や色眼鏡

先入観や偏見、常識という名のフィルター

そういったノイズが減ってきているのかもしれません。


自分を規制したり

囚われや思い込みによって道を狭めずに

子供の頃の純粋な好奇心と遊び心をもって

ハートを開いてたくさんのものに触れて感じていってください。


「コレはコレ、アレはアレ」

という他者によって作られた規定や薀蓄は必要ありません。


自分自身のハートを信じましょう。


cimg2846.jpg



さて、私の良き友人であり、鎌倉でアシュタンガヨガを教えるシャンティヨギ:)、キャメロン・ハリスによる、「ヨガ哲学・プラナヤーマ・瞑想」のワークショップが3月22日に長谷で行われます。

アサナ(ポーズ)だけでなく、心のヨガを大切にする彼の姿勢が十分に反映され、優しく心穏やかな、とてもピースフルな内容になることでしょう。

ヨガを始めたけれど、もっと深く知りたい、でもどうしたらいいか判らない・・・!という方にお勧めです。

ぜひ沢山のヒントとインスピレーションを持ち帰ってください。


以下HPより抜粋
Ashtanga Yoga Kamakura


ヨガの哲学、プラナヤーマ、瞑想のワークショップ 2008年3月22日

3月22日(土)にヨガの哲学、プラナヤーマ、瞑想ついてのワークショップを行います。時間は朝の9:30時から12:30時まで、場所は長谷公会堂です。

アサナだけがヨガではありません。この3時間のワークショップでヨガマットの外にも練習を広げていくために大切な知識と道具を探っていきましょう。

ワークショップでは:~

*知っておくべきヨガ哲学; どうしてヨガを練習するのか? ヨガを練習するとなぜ気分がよくなるのか、自分に何が起こるのか?どうして簡単に練習を進めていける人とヨガに苦しむ人がいるのか?について話します。

*欠かすことのできないプラナヤーマの技術を細かくみていきましょう。; ヴィロマ (ヨガの呼吸), カパラバティ、ナディ・ショーダナ

*30分程度のアナパナ瞑想(意識を高めた呼吸)を2回行います。

このワークショップでは、みなさんにヨガの練習の背景にある理論を理解してもらい、プラナヤーマと瞑想の練習を定期的に自信を持って始めてもらいたいと思っています。

ワークショップは英語で行われ、松本由美による日本語の通訳がつきます。また英語と日本語の両方でプラナヤーマと瞑想の練習に関するハンドアウトをお渡しします。

参加希望者は ashtangakamakura@gmail.com 宛てメールで予約してください。
~ 現在メンバーの方の参加費は\3,000, メンバーでない方は \3,500となります

以上 Ashtanga Yoga Kamakuraより


また、彼は現在鎌倉でアシュタンガヨガのクラスを持っています。
アシュタンガヨガというとハードなイメージがありますが
彼のクラスはとても優しくて平和な空気に包まれていて
ヨガというのは流派など関係ないのだな、と気づかされます。

興味のある方は、Ashtanga Yoga KamakuraのHPで内容・スケジュールをご確認の上、ご自分にあったクラスへご参加ください。


ナマステ

at 12:33│ ワークショップ